webライター初心者の案件受注のコツとは?プロフィールの書き方や初心者脱出におすすめの本3選

webライター初心者nついての記事アイキャッチ
ぽふを
ぽふを

webライター初心者には、単価の高い仕事はムリ?

ぽふを
ぽふを

どうしたらwebライターの「初心者枠」を抜け出せるの?

今回は、こんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容
  • webライター初心者の仕事の取り方
  • webライター初心者を脱出する方法
  • webライター初心者に有効なプロフィールの書き方

この記事を書いている私は、フリーランスとしてライティング業務を請け負っています。

ライティングだけで月に30~50万円ほど稼ぐ、webライターです。

執筆者情報
ワタナベサヤカのプロフィール
Twitter:@nochi_arata

webライターは初期費用がかからないことから、参入障壁はかなり低いです。

確かにwebライターは簡単に仕事を始められますが、稼げるようになるにはテクニック以外にも必要となります。

そこで今回は、webライター初心者からの脱出方法について紹介します。

具体的な仕事の取り方や「実績がない状態での有効なプロフィールの書き方」などをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

webライターとは

webライターとは?

webライターとは、インターネット上の記事を執筆する人のこと。

ワタナベ
ワタナベ

日本語が書ければ誰でもwebライターになれるので、正直かなり参入障壁は低いです。

ただ注意したいのは、webライター初心者が継続的に稼げるようになるには知識や経験が必須だということ。

安定して稼ぎたいのであれば、たとえばwebライターのバイトを見つけて「時給制で稼ぐ」という選択肢もあります。

参入障壁が低いからといって、webライター初心者が簡単に稼げるわけではないことを覚えておきましょう。

webライター初心者が案件を受注するコツ

webライター初心者の案件受注コツ

では、webライター初心者が案件を受注するにはどうしたらいいのでしょうか?

結論からいうと「できることは何でもするというスタンスで取り組む」ことが重要です。

まずは契約金額や仕事内容を考えず、実績をつくることを意識しましょう。

webライター初心者が案件を受注するには、具体的に以下の2つを実践してみてください。

  • クラウドソーシングに全て登録する
  • 低い単価でもいいから提案しまくる

詳しく解説していきます。

クラウドソーシングに全て登録する

まずwebライター初心者がやるべきなのは、クラウドソーシングに片っ端から登録することです。

クラウドソーシングで有名なサービスは、以下の3つです。

せめて登録しておきたいサイト
  • Cloudworks
  • Lancers
  • サグーワークス

なかでも「webライターを副業でやりたい」といった初心者向けの案件が多いのは、ランサーズです。

基本的にwebライター初心者は発注者とのつながりが少ないので、簡単なクラウドソーシングへの登録をおすすめします。

低い単価でもいいから提案しまくる

次にwebライター初心者が案件受注をしたいなら、単価を気にせず提案しまくることが大切です。

発注者の立場で考えれば「誰だか分からない」「実績もない」webライターに、仕事をしてほしいと思わないですよね。

具体的には「文字単価0.6円・フィードバックあり」といったような案件なら、webライター初心者にはおすすめ。

意識すべきなのは、報酬額よりも「実績づくりとフィードバック」です。

ワタナベ
ワタナベ

業界単価を下げてしまうことにつながるので、ある程度書いたら「文字単価1円以上」の案件に挑みましょう。

webライター初心者のプロフィールはどう書くべき?

webライター初心者のプロフィールの書き方

webライター初心者が案件を受注するときは「過去に執筆した記事を見せること」で自分の実績になります。

しかし残念ながら、webライター初心者にはプロフィールに掲載できる実績がないこともありますよね。

ワタナベ
ワタナベ

そこで実際に、私がwebライターの初心者だったころに使っていたプロフィールをテンプレート化しました!

コピペは大歓迎ですが、注意点が2つあります。

  • ライティング能力以外のスキルをアピール
  • クライアントへの貢献ポイント

以下で、詳しく解説します。

ライティング能力以外のスキルをアピール

まずはwebライター初心者だからこそ「ライティング能力以外のアピール」がおすすめ

なぜなら「webライターとしては初心者だけど○○なら任せて」という強気な姿勢は、クライアントからの信頼性が高まるからです。

たとえば前職で培ったライティングと掛け合わせられるスキル得意なことを書いてみてください。

過去の実績がないなら、自分について書いたその提案文でライティング能力を見てもらいましょう。

ワタナベ
ワタナベ

ちなみにブログなどを運営しているのであれば、ライティング実績として追加OKです。

webライター初心者は、文章の練習のためにもブログを書きましょう!

クライアントへの貢献ポイントを追加

つぎに「クライアントへの貢献ポイントを追加する」のがおすすめ

なぜなら、webライター初心者に依頼するリスクとして「全く何にも貢献しない記事が納品されること」があるからです。

具体的なスキルと提供できるものを分かりやすく伝えられれば、webライター初心者でもクライアントの心は動かせます。

ワタナベ
ワタナベ

というか、これがライティングスキルですね。

もし何もスキルがないなら「webライター初心者だからこその視点を大事にする」というのもOK。

自分がどのようにクライアントへ貢献できるのか、それによって期待できる成果を明確にしましょう。

ワタナベ
ワタナベ

では実際に、私がwebライター初心者のころに使っていたプロフィールを載せます。

※コピペ大歓迎です!

はじめまして。
webライターとして活動している、ワタナベサヤカと申します。

▼可能業務
ライティング
企画|構成|校正|画像選定|画像編集|KW出し|SEO対策

→ライティング経験は半年ほどですが、今まで〇〇/〇〇など多岐にわたって執筆してきた経験を活かして〇〇で貢献できます。

またwebライターを始めたばかりだからこそ書ける視点を大切に、○○といった部分でお力になれます。

▼文体や実績確認
1.運営ブログ
URL
→最新の文体確認が可能です。

2.実績URL
URL
→ライティング実績のみ

▼各SNS
1.Twitter
https://twitter.com/nochi_Arata

2.FB
URL

▼お仕事について
1.対応記事数
月10~50本程度

2.SEO対策に関して
こちらの記事で、〇〇の実績があります。
URL

発注いただいたお仕事に対して真摯に取り組んでまいりますので、ご検討いただければ幸いです。
また今回のお仕事だけでなく、上記の内容で他にお仕事があればぜひご相談くださいませ!

お忙しいところ申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

ワタナベ
ワタナベ

webライター初心者だからこそ書けるプロフィール、初めての案件をGETしちゃいましょう!

webライター初心者を脱出するためには勉強するしかない!

webライター初心者の脱出方法
ワタナベ
ワタナベ

正直なところ、webライターはめちゃめちゃ稼げます!

ただしこれは、webライター初心者を脱出できればの話。

稼ぐためには「記事を書きまくる」「ライティング技術を学ぶ」のどちらも必要です。

そこでwebライター初心者の私が参考にしていた本を3つ、紹介しておきます。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

まずwebライター初心者におすすめなのは、ライティングの基礎を学ぶことです。

そこで紹介したいのが、こちらの本。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

この本では接続詞や句読点の使い方、文章のリズムなどを学べます。

webライター初心者によくある「作文のような文章」から卒業するためには、この本が必須。表現力や技術を学びましょう。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

次にwebライター初心者に大切なのは、具体的なライティング技術の習得です。

そこでおすすめなのが、こちらの本。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

この本では大手サイト「ナタリー」で実践されているライティング術を、たったの1,400円で学べます。

読ませる文章の書き方から魅力的なタイトルのつけ方など、幅広くライティングを学べるので初心者脱出には特におすすめしたい1冊です。

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

つづいて、webライターとしての具体的な稼ぎ方や継続的に仕事を受注するためのテクニックを習得しましょう。

そこでおすすめなのが、こちらの本。

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

この本ではwebライター初心者がどのように稼いでいけばいいのか、ロードマップを提示してくれます。

webライター初心者のころは案件の取り方や交渉力もないはずなので、こういった部分も積極的に勉強していきましょう。

webライター初心者でなくても、書籍から得られる情報はあります。

初心者を脱出しても使える本ばかりなので、このタイミングで購入しておくのがおすすめです。

まとめ|webライター初心者こそ仕事で成長しよう

webライター初心者を脱出!

今回はwebライター初心者からの脱出方法や案件受注のコツ、おすすめの本を紹介しました。

本記事の要約
  • webライター初心者が仕事を受注するコツ
    1.クラウドソーシングに登録する
    2.低い単価でも提案する
  • webライター初心者のプロフィールの書き方
    1.ライティング能力以外のスキルをアピールする
    2.クライアントへの貢献ポイントを追加する
  • webライターの初心者を脱出するための本3つ
    1.20歳の自分に受けさせたい文章講義 新しい文章力の教室
    2.苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング
    3.頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書
ぽふを
ぽふを

webライター初心者なのに、仕事を受けちゃっていいのかな…。

こう思う初心者は多いですが、勉強よりも記事を書いてフィードバックをもらったほうが成長スピードは速いです。

webライターは、初心者こそ積極的に案件を受注していきましょう。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました