流行りのリモートランチには宅配食がおすすめ?リモートランチのやり方や注意点まで徹底解説

流行りのリモートランチ やり方や注意点
ぽふを
ぽふを

1人の食事はやっぱり寂しいから、リモートランチのやり方を知りたい。

ぽふを
ぽふを

簡単ですぐに食べられるランチってある?

今回は、こんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容
  • おうち時間も充実するリモートランチのやり方
  • リモートランチにおすすめなメニュー
  • リモートランチには「宅配一択」な理由

この記事を書いている私は、フリーランスとして在宅で仕事をしてます。

「家から出たくない」という熱量が高く、おうち時間を充実させることに意欲的な自立系引きこもりです。

執筆者情報
ワタナベサヤカのプロフィール
Twitter:@nochi_arata

リモートワーク導入で出社することがなくなり、快適な毎日を送れると思っていた人は多いでしょう。

確かに自由に仕事できるのはメリットですが、ランチの出費や健康状態、孤独感などリモートワークのデメリットは大きいはず。

そこで今回は、1人でも寂しくないリモートランチのやり方について紹介します。毎日作るのが面倒な人にもおすすめなサービスがあるので、ぜひ参考にしてみてください!

リモートランチとは?

リモートランチ中の男女4人

リモートランチとはネット会議ができるサービスを利用して、家にいながら複数名と一緒に食事を楽しめるというもの。

リモートワークでは社内コミュニケーションが取りずらくなるというデメリットがあり、リモートランチを取り入れる会社が増えています。

特に一人暮らしだと1日中話さないなんてこともあるので、同僚や友人を誘ってリモートランチしている人が多くなってきているそうです。

ただ実際、リモートランチのやり方は本来存在していません。

細かいリモートランチのやり方に注目するのではなく、マナーを守って楽しいランチ時間を送りましょう!

リモートランチのやり方

リモートランチのやり方は簡単で、LINEやZOOMといったアプリを利用します。

同僚など自分の連絡先を教えていない人とリモートランチをするなら、ZOOMがおすすめ。

ZOOMは、共有のURLに参加者が集う形式です。会議終了後にはアクセスできなくなるため、個人情報や会話内容の流出が防げます。

リモートランチの開催を同僚に知らせておいて、社内共有ツールなどにURLを送っておくとスムーズです。

リモートランチに適したアプリは?

リモートランチは以下のようなアプリを使って行います。

  • LINE
  • ZOOM
  • Skype
  • FaceTime
  • GoogleMeet
  • Chatwork

友人など連絡先を知っている人でリモートランチをするなら、使い慣れているLINEがおすすめです。

会社の同僚など不特定多数が参加する場合は、会議でも利用されるZOOMでのリモートランチを推奨します。

スポンサーリンク

リモートランチの注意点

楽しいことを考える若者

リモートランチでは、注意することが3つあります。

  1. リモートランチの時間をあらかじめ決めておく
  2. 仕事の話はなるべくしない
  3. 必ずWi-Fiのつながる環境で行う

詳しく解説していきます。

リモートランチの時間をあらかじめ決めておく

リモートランチの開始時間や終了時間をあらかじめ決めておくと、昼食をスムーズに楽しめます。

ワタナベ
ワタナベ

参加者を待っている間にランチが冷めたり、誰かの話を遮ってリモートランチを終了したりするのは嫌ですよね。

リモートランチへの参加者のなかには、時間の調整が必要な人がいるかもしれません。

あらかじめ時間を設定してから、リモートランチに誘ってみましょう。

仕事の話はなるべくしない

リモートランチの相手が同僚の場合、仕事の話はなるべく避けるのがおすすめ。

たとえば「話題」と「話し手」をルーレットで決めるなど、面白いシステムを取り入れると盛り上がります。

仕事の共有は業務時間内で行い、リモートランチではコミュニケーションを意識しましょう。

必ずWi-Fiのつながる環境で行う

ZOOMなどのアプリは、無料で使用できますがインターネット通信料がかかります。

なかでもビデオ通話の場合は通信料が高いので、リモートランチをする前にWi-Fi通信になっているかを必ず確認しましょう。

Wi-Fi環境下で接続しないと期限まで通信制限がかかったり、携帯料金が高くなったりするなど非常に不便です。

リモートランチには宅配弁当がおすすめ

ワタナベ
ワタナベ

リモートランチは「宅配弁当」一択です!

基本的にランチの時間は、会社で決められている昼休憩の1時間前後です。このなかで食事の用意をするのは難しいですよね。

  • 朝にお弁当を準備する
  • ランチを買いに出かける
  • 昼食をつくる

こういった手間のかかる準備をしたくないのであれば、複数食分を届けてくれる宅配弁当がおすすめです。

毎食をデリバリーにするよりも、冷凍宅配で送料を節約したほうが出費が抑えられます。

どれを頼んだらいいか分からない人は【比較・ランキング】全国のリモートワーカー必見!簡単&気軽な宅食サービス8選を読んでみてください。

リモートランチにおすすめなメニューとは?

リモートランチの様子

リモートランチには、おすすめなメニューがいくつかあります。

  • 糖質控えめなもの
  • 量が多すぎないもの
  • リモートランチ映えするもの

それぞれ詳しく解説していきますね。

糖質控えめなもの

午後も仕事をすることを考えると、糖質が控えめな食事がおすすめです。

糖質の高いランチは血糖値を急激に高めてしまい、食後に眠くなってしまいます。

だからといって炭水化物を抜いてしまうとエネルギーが保たれないので、野菜を積極的に摂るなどの工夫が必要です。

量が多すぎないもの

リモートワークで運動時間が減ることを考えると、量が多すぎるランチは太る原因となります。

ワタナベ
ワタナベ

単純な話、消費カロリーを上回るランチを食べていれば太りますよね。

実は出社中は、会議室へ向かったりトイレが外廊下にあったりと意外と歩いています。

量の多いランチではなく、控えめで腹持ちの良い食材を選ぶことが大切です。

リモートランチ映えするもの

リモートランチに映えを意識することで「話題の確保」や「リフレッシュ効果」が期待できます。

ワタナベ
ワタナベ

同僚とのリモートランチでは無意識で仕事の話になることも多いので、食事内容を話題にするのがおすすめ!

特に女性の多い会社ならリモートランチ映えで盛り上がりやすいので、楽しいランチタイムでリフレッシュしましょう。

スポンサーリンク

リモートワークでもランチで楽しいおうち時間を過ごそう!

宅配の様子

今回は、リモートランチのやり方や注意点、おすすめなメニューについて紹介しました。

本記事の要約
  • リモートランチには「宅配弁当」一択
  • リモートランチの注意点
     ① リモートランチの時間をあらかじめ決めておく
     ② 仕事の話はなるべくしない
     ③ 必ずWi-Fiのつながる環境で行う
  • リモートランチにおすすめなメニュー
     ① 糖質控えめなもの
     ② 量が多すぎないもの
     ③ リモートランチ映えするもの

リモートランチの約束をしておくと昼食を抜くこともなく、コミュニケーションを取ることもできるので一石二鳥です。

このブログでは宅配弁当についてのレビュー記事も用意しているので、ぜひ参考にして快適なリモートライフを送りましょう!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました